マグネット印刷について詳しくご紹介します!

マグネット印刷の加工オプションの例

マグネット印刷の加工オプションの例 よくチラシの代わりにマグネット印刷をしている広告もありますが、1枚からでも注文が可能だったり厚みをつけた厚口のマグネット印刷などもあって、色々な素材から選ぶことも可能です。
車や冷蔵庫、ホワイトボードなど普段から目に留まりやすい所へ自由に貼れるので宣伝効果も高くノベルティとしても向いてます。
販促グッズとして依頼したい場合、印刷会社にもよりますが早いと最短で3営業日ぐらいでも発送してくれます。
最小ロッドも1枚からと極小のロット数にも対応していたりするため、限定な数だけ作りたいときにも便利です。
マグネット印刷の加工オプションもあって、これには表面ラミネートやカットパス数追加、袋詰めなどがあります。
ラミネートはシール・ステッカーの表面へ透明フィルムを貼って、色落ち・摩耗を防いで耐久性と耐湿性を上げることが出来ます。
使う素材も塩ビ・PP・PETがあり、種類によって選べる素材も決まっていて光沢とマットタイプから選べてどちらも独特の質感があり特徴的な仕上がりにすることも可能です。

マグネット印刷の注文方法と印刷加工技術とは

マグネット印刷の注文方法と印刷加工技術とは マグネット印刷されたステッカーでの広告方法は、よく目にする冷蔵庫などに貼れて広告効果が高く、値段も安価でコスト面に優れた方法になります。
マグネット印刷の製作は、インターネットなどの印刷会社から簡単に注文や購入ができます。
マグネット印刷の注文方法は、インターネットのホームページの発注依頼にアクセスして必要事項を入力していきます。
必要な項目は、希望のサイズや数量、デザインになります。
デザインは、自分で作成したデータを送信することも可能ですが、デザイン制作が苦手な方には見本のデザインから選ぶこともできます。
マグネットの形状も、長方形などの形以外にも円形やオリジナルの形にすることも可能です。
マグネット印刷の製作方法は、マグネットに直接印刷していくUV印刷が主流です。
また、プリント面の保護や強化する目的で、UVカットやつや出し加工もオプションで選べる印刷会社もあります。
この加工を施すことで、屋内だけでなく屋外で使用しても劣化しにくくなり、宣伝場所の幅が広がっていくといったメリットがあります。

新着情報

◎2020/10/13

加工やデザインの追加依頼の費用相場
の情報を更新しました。

◎2020/8/31

サイト公開しました

「マグネット 技術」
に関連するツイート
Twitter