素材によって加工も変わる

素材によって加工も変わる

素材によって加工も変わる マグネット印刷は表面にインクジェットメディアや、マーキングフィルムを貼った加工が可能となるシート状のマグネットのことです。マグネットなので鉄やスチール面に貼り付けることが出来、どんな用途にも便利といえます。
マグネット印刷の素材によって利用方法が屋外や屋内に限られることがあり、素材選びには慎重な考慮を必要とします。インクジェット出力をしたメディアをシートに貼る場合は、屋外用ラミネートを使用して雨風にも強いといえるでしょう。
ガラスなどにはマグネット利用は不可能ですが、磁力を持つ被着体となるシートを使えばガラス面や壁面が平滑であることを条件に、貼り直しも出来る特殊吸着タイプのものや両面テープで貼るタイプなどの加工もできます。インクジェット印刷では直接プリントする方法としてUVインクジェットや、シルクスクリーン印刷があります。フルカラーで小部数の大判印刷であれば、版の作成を必要としないUVインクジェットがおすすめです。

見た目の印象が変えられる加工

見た目の印象が変えられる加工 マグネット印刷にはさまざまな可能性がありますが、商品やサービスの宣伝・広告といった印刷する内容そのもののほかにも、加工によって見た目を大きく変えられることが挙げられます。マグネット印刷における一般的な加工といえば、角型で任意のサイズにカットすることですが、これも自動車の車体などに貼り付ける大きなサイズから、冷蔵庫などの家電の表面にふさわしい小さなサイズまで自由自在です。
ほかにも角を丸くすることも可能であり、単なる角型のものよりもイメージ的によりソフトにすることができるといった特徴があります。マグネット印刷する図柄や写真の輪郭にあわせるなどの、まったく任意の形状にすることも可能ですが、この場合は別途標準以外の抜き型を製作した上でのこととなります。したがって具体的に注文するサイズや形状の複雑さによってコストも異なりますので、あらかじめ見積もりをとって金額をたしかめてから、正式な契約をするのがよいといえます。

新着情報

◎2020/12/8

素材によって加工も変わる
の情報を更新しました。

◎2020/10/13

加工やデザインの追加依頼の費用相場
の情報を更新しました。

◎2020/8/31

サイト公開しました

「マグネット 素材」
に関連するツイート
Twitter