マグネット印刷について詳しくご紹介します!

マグネット印刷の加工も追加で頼むと納期は延びる?

マグネット印刷の加工も追加で頼むと納期は延びる? マグネット印刷は基本となる料金でできる範囲の印刷だけではなく、追加で加工可能を頼むことも可能となっています。
その際に気になるのは、追加料金と納期ではないでしょうか。
料金は比較しやすいポイントですが、納期に関しては見逃してしまう人も多いのできちんとチェックしておくべきです。
どの程度の加工かや、注文している数により延びるのかそのままの日程で仕上がってくるかには違いが生まれます。
もちろんマグネット印刷といっても数多くの業者が存在しており、依頼先による違いは必ずあるので事前に確認しておかなくてはなりません。
期間には余裕を持って早めに注文しておくことが大切であり、特に追加してもらいたいことがある時には早い段階で相談することも必須となってきます。
一度依頼した後に変更にしたりプラスで注文すると、手元に届くまでの期間が延びてしまうことにもつながるので、最初にきちんと希望を伝えておき途中で変更しないようにしましょう。

マグネット印刷は加工方法と総量が値段に影響を与える

マグネット印刷は加工方法と総量が値段に影響を与える 最近では多くのマグネット広告が使用されるようになり、宣伝効果が高いとして多用されています。
それでも今まで使われてきたチラシなどの紙媒体と比べると値段が高くなるため、マグネット印刷をする場合に価格が高くなる要素を知っておくと、作成の際に役立つはずです。
マグネット印刷で価格を引き上げる要素は、主に加工の仕方と総量です。
マグネットを使った広告物はマグネットシートに印刷してカットする方法をとるので、四角く切ったものの価格が安くなります。
一方、角を丸くしたりキャラクターや車などのデザインに合わせてくりぬくタイプのものは値段が高くなりがちです。
さらには屋内だけでなく屋外でも使えるように印刷するインキを変えたり、表面に特殊なシートを張り付けたりすると価格が上昇することになります。
また作成する総量によっても一枚当たりの値段が変わってきます。
それは、一枚であろうと多数であろうと一つの作品を作るための手間は変わらないためです。

新着情報

◎2020/10/13

加工やデザインの追加依頼の費用相場
の情報を更新しました。

◎2020/8/31

サイト公開しました

「マグネット 影響」
に関連するツイート
Twitter