マグネット印刷について詳しくご紹介します!

当サイトではマグネット印刷に関する情報を掲載しています。
それぞれの用途に応じて加工も依頼することが出来ることについてや具体的なオプションの例、さらにはオプションを利用する際には納期が延びるのかについてもご紹介しています。
デザインを追加して依頼した場合の費用相場に関する情報を探している人にもおすすめです。
素材によって適したオプションが違うことに関しても扱っているサイトです。
マグネットの印刷を注文するのならぜひチェックしてみてください。

マグネット印刷は用途に応じて加工も依頼

マグネット印刷は用途に応じて加工も依頼 マグネットに印刷をするだけでなく、加工も合わせて依頼することで、より用途に合ったものを制作することが可能になります。
たとえばマグネット印刷のカットの仕方も角形だけでなく角丸を利用することで、角に丸みがある形状にすることができます。
さらに抜き型を利用することで、それぞれの制作物に合った形のマグネットを制作することが可能です。
抜き型はそれぞれのマグネット印刷に合わせてオリジナルで制作されます。
また表面の加工も選択することができるので、使用する場所に合ったもの用途に合ったもマグネットを作ることができます。
ラミネート加工したものは屋外でも使用することができるタイプや、屋内・ホワイトボードで使用するのに適したものも選択可能です。

マグネット印刷加工をいろいろな用途に使われています

マグネット印刷加工をいろいろな用途に使われています ノベルティとして多く使われていたポケットティッシュですが、マグネット印刷に変更している企業が増えています。
例えば家電量販店において定期的にポケットティッシュなどの配布イベントを行っているところがありましたが、マグネット印刷に変えたところがあります。
ポケットティッシュは有効な広告媒体になりますが、一過性になるので費用対効果を検証しにくい媒体です。
自社のデザインに加工したマグネット広告の配布にすると、既存顧客の囲い込みに活用することができます。
クーポン券からマグネット印刷に変更したところもあり、マグネットの場合持ち歩くことがなく家庭や職場などに張り付けておくので、宣伝効果が高くたくさんの顧客を取り込むことが可能です。
ある自動車会社では定期的にDMを配布していましたが、DMの開封率は低くかったりチラシを多く入れるのでコストがかなりかかってしまいます。
費用対効果は検証することができますが低いと言えるでしょう。
DMでの郵送配布から、マグネット印刷広告のポスティングに変更すると、一過性でないのでイベントが終了した後も保存性が高く広告効果が長い期間について維持することが可能です。
サイズなどを自由にアレンジすることができ、最適なアイテムに仕上げることができます。

マグネット印刷のデザイン入稿には複数の方法を使えます

会社関連では宣伝用としてマグネット印刷を作ることを希望したり、一般の方でも販売用グッズとして使う方も実在しています。比較的薄い素材のマグネットを用いてその上に印刷を施す方法が主流ですが、対応する会社が近隣に無いという環境下ではネット上で運営をしている専門店の利用は便利でお得です。専門店は数多くありますが、安さを競う傾向にあるので、1枚当たりの単価で負担を感じてしまうことは殆どありません。メリットだけ目立つマグネット印刷の専門店ですが、デザインの入稿に関してはお店によって違いがあります。フォトショップやイラストレーターで作成したデータのみに限定をしているお店があれば、Wordなどを使ったデータでも可能とするお店、手書きでも対応するお店があり、利用者の状態に合わせて自在に選べることは大きなメリットです。インターネット上で営業をするマグネット印刷の専門店であれば、全てをオンライン上で済ませられるように配慮していることが多く、デザインを自主的に作れない方に対しては、フリーソフトを無料配布しており誰でもデザインを作り出せるように配慮した専門店まで存在しています。

マグネット印刷の注意点は直射日光になります

マグネット印刷は表面にラミネートフィルムを張り付け、裏面に磁力のあるマグネットシートを取り付けることが一般的です。 種類によっては両面ともラミネート加工をしたリバーシブルモデルで、内側により強力なマグネットシートを挟み込んでいる場合もあります。 マグネット印刷の注意点は色褪せがし起こりうることになるのです。 耐候性の高いUVインクを使っていたとしても、フィルムから色が抜けやすい性質上数年で色が抜けてしまうことも珍しくはありません。とくに繊細なシルクスクリーン印刷では、多色刷りの関係から上に重なった色程退色しやすいという特徴があるのです。 退色を不正義たい場合はUVカットのクリアフィルムを張り付けて、なるべく直射日光に当てないようにしましょう。直射日光によって膨張や接着剤の劣化が進み、マグネットシートの剥離や角部分がめくれ上がるなどのトラブルもあるため、太陽光や強い紫外線などは注意する必要性があります。

おすすめのマグネット広告情報サイト

マグネット印刷

新着情報

◎2020/12/8

素材によって加工も変わる
の情報を更新しました。

◎2020/10/13

加工やデザインの追加依頼の費用相場
の情報を更新しました。

◎2020/8/31

サイト公開しました

「マグネット 加工」
に関連するツイート
Twitter